女性ホルモンを増やす食べ物や飲み物って何?

女性ホルモンを増やす食べ物と飲み物のおすすめは?

女性ホルモンを増やす食べ物や飲み物
女性ホルモン(エストロゲン)は、美肌や女性らしいカラダつくりにとても関係が深くバストアップだけでなく美肌などにも影響します。そのため、エストロゲン(女性ホルモン)を多く分泌することで女性らしいスタイルになりやすくなります。

 

女性ホルモンを増やすには、カラダを冷やさない(特に下腹部)、規則正しい生活リズム、バランスの摂れた食生活、そして女性ホルモン物質を多く含む食材を摂るなどがあげられます。

 

女性ホルモンを増やす食べ物って何?

女性ホルモンを増やす食べ物や飲み物
女性ホルモンに似た働きをする代表的な栄養素が、大豆イソフラボンです。

 

大豆イソフラボンはよく耳にしますよね。大豆と名の付くとおり納豆や豆腐、おから、味噌、厚揚げなど大豆由来の食材に含まれます。またイソフラボンは、植物性エストロゲンとも言われてます。これらのものはザクロ、山芋などにも含まれています。

 

大豆イソフラボンや植物性エストロゲンなどを豊富に含む食材を食べることで、エストロゲンと同じような作用をもたらします。

 

さらにザクロには含まれるエラグ酸は美肌効果が高く、シミやそばかすの原因のメラニンを抑える働きがあります。クランベリー、いちご、ラズベリーなどにも含まれていて天然フェノール系抗酸化物質と言われています。紫外線対策にもなるので、女性ホルモンを整えるためだけでなく美しい女性でいるためにはぜひ取り入れたい食物です。

 

エストロゲンと卵巣の関係

エストロゲン(女性ホルモン)は卵巣でつくりだされているので、卵巣を健康に保つことや卵巣の代謝をあげることが大切です。卵巣を健康に保つためにはビタミンEが必要です。

 

ビタミンEが含まれる食材は、モロヘイヤ、捨てがちな大根の葉っぱ、かぼちゃ、アボガド、アーモンドなどです。

 

そして卵巣の代謝を上げるのに必要なのが、ビタミンB6です。

 

ビタミンB6は、魚(特にマグロの赤身)やレバー、さつまいも、ニンニク、バナナなどに多く含まれています。このビタミンB6は、PMS(月経前症候群)を軽減してくれる作用もあるのでしっかり摂っていきたいものですね。

 

ただしビタミンは体内に溜まらず尿と一緒に排出されてしまうので、毎日摂る必要があることに注意しておきましょう。

 

 

女性ホルモンを増やすおすすめハーブティー

 

ハーブの香りでリラックスすることによって女性ホルモンを促す効果があります。調理の必要なお野菜などと違い、おやすみ前などに気軽に飲むことができるのでおすすめです。

 

いろいろあるハーブティーの中でも特にカモミールが香りも親しみやすく飲みやすいと思います。カモミールには不眠を改善する効果もあり、よりよい睡眠はホルモンのバランスを整えるのにとても重要です。

 


おすすめコンテンツ


バストアップサプリを部門別でおすすめしています。

安い(プチプラ)バストアップサプリ

初めての人におすすめのバストアップサプリ

太りたくない(ダイエット中)人におすすめのバストアップサプリ

プエラリアがこわい人におすすめのバストアップサプリ


関連ページ

アロマでバストアップ効果!【女性ホルモンを整える香り】
アロマオイルは女性ホルモンを整える効果もあります。おすすめのアロマオイルでバストアップを目指しましょう。
女性ホルモンって何?【どんな影響があるの?】
スタイルに大きく関係する女性ホルモンとはどういうものなのか、どんな影響があるのかきちんと把握してバストアップを目指しましょう♪
成長ホルモンと睡眠の大事な関係【寝てる時間がとても大切】
成長ホルモンと睡眠は密接な関係があります。
太るのは女性ホルモンが原因?|ダイエット周期を知ろう
太ることと女性ホルモンの関係を知れば痩せやすいダイエットができます。
ホルモンバランスを整える方法は?
ホルモンバランスが乱れるとお肌やスタイルにも影響がでてきます。きちんと整えるのが大切。ホルモンバランスを整える方法